2006年01月05日

くるみ割り人形

image/yucca-no-ma-2006-01-05T12:14:52-1.jpg
朝からばあさんがくるみをあぶって、昼からはじいさんが割って、ばあさんが実をほじほじ。
昔は全部ばあさんひとりでやってたので、じいさんがくるみを割る姿は新鮮。
posted by ゆっか at 12:14| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | にいがたきせい。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ!
すっげ〜久しぶりにゆっかのうちの居間を見た!
ばあちゃんには去年会ったけど
じいちゃんは久しぶりだなあ。

余談だけど、ゆっかのばあちゃんの弟妹は似ている。
特に妹たちがそっくりだ。
そのそっくりな姉妹がそろってさんぽこ弁でしゃべると
うちの夫にはリスニング不可能。
「宮崎駿の映画のキャラみたいだね、(うちの父の)お姉さんたち」
という名言を残した。
Posted by 智美 at 2006年01月08日 01:52
後ろ姿なじいさんでも楽しんでいただけましたでしょうか(笑)
居間が相変わらずでしょう〜
温いので、滞在中気が付けば寝ていたことがしばしば。

おばあさんのきょうだいたちは、
年を経るごとに似てきているような気がするけども、
その中でも特に

うちのばあさん≒川崎おばちゃん
「あ」おばちゃん≒「い」おばちゃん

という顔の2系統があるのではないかと、
帰省して「あ」と「い」のおばちゃんに会ったときに思った。

>宮崎駿の映画のキャラ

には納得だぁ(笑)
Posted by at 2006年01月08日 02:28
>2系統

まさにそれ!

おばさんたちが2系統あるのに対して、おじさんたちは見事に1系統(笑)。
それが一世代下がって私のイトコが集合するとまた2系統になるっていう(爆)。

そしてさんぽこの血は強いので、スーパー一重まぶた家族のうちでも、私と親父だけ二重。
この間すっごく疲れた時に鏡を見たら、フツーに「あ、親父がいる」って思って嫌だったんだけど、だんだん私が親父に似てきたのは事実。

>宮崎駿の映画キャラ

だからね、同じ顔のおばさんがね、3人か4人並んでやってきてね、勢いよくまくしたてるわけ。
だけどね、すっごくなまってるから地元民以外にはよくわからないの。
うちの夫はおばさんたちの波状攻撃を、結婚式の時とおちびが生まれてすぐの2回も食らっているのよ。
「何言ってるのか全部はわからなかったけど、智美をよろしくって言ってるような気がした」だってさ。
失礼なヤツ。
Posted by 智美 at 2006年01月10日 01:32
>イトコの2系統

誰が誰なのか、分けてみてください(笑)
ちなみに、もう1世代下のわれら3姉弟は

い)あたし≒弟その1
ろ)弟その2

の2系統(笑)
あたしのおめめも、ちちうえのおめめと一緒☆
それに気付いたのは、小4のときに「へ」のいえの「あ」さんの
メガネをかけて、鏡を見てしまったときです。
幼心に衝撃ですた…

あの4姉妹のマシンガントーク方言mixは、リスニングできねって(笑)!
Posted by at 2006年01月13日 21:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11350504

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。