2006年02月04日

さいなら、水ぶくれはん

今朝行ってきました。
病院へ。
皮膚科の先生は、かわいらしいお姉ちゃんでした…たぶん年上。
「どないした〜ん」
って、あらかわいらしい(*´∀`*)

で、木曜の残業中に水ぶくれに亀裂が入り、気がつけば半分に。
「じゃあもう水抜いちゃうね〜」
と、注射針で穴を作って、水抜き。
思ったほど痛くなくてほっとした。
で、薬も塗らずに、皮がくっつくまで保護しておいたらいいと。
ほっ。
怒られるかと思っていただけに、かなりほっとしました…

にしても、久々に味わう診察。
どきどきもんですわ。
6,7年振りということもあるのだろう。
いつまで経ってもどきどき。

ただオトナになったと思ったのは、初めて会った先生との会話に
緊張しなくなったこと。
小学校の時なんて、アトピー性皮膚炎やら水ぶくれで皮膚科通っていたけど、
ひとりで行ったときなんて、もーう緊張緊張の連続で。
あぁ、オトナになったわ、あたし。

あとはきれいに皮がくっついておくれ…
跡になるのはしゃあなしやし。
posted by ゆっか at 23:05| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかの「む」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12765909

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。